ホームページ制作・Web制作

ホームページの常時SSL化(https化)の設定代行依頼

ホームページの常時SSL化(https化)の設定代行依頼について。

ホームページを常時SSL化(https化)する設定代行費用は、ホームページがWordPressサイトであるかどうかやサーバーサイドでSSL証明書の発行の取扱などによってSSL化(https化)にかかる費用は変動します。

ホームページのSSL化(https化)の必要性

サイト閲覧のみであれば、http通信でもさほど問題はありませんが、お問い合わせフォームやコメントフォームなどをご利用の場合は、入力情報が保護されないためユーザーに不信感を持たれる可能性があります。

Webマーケティングにおけるお問い合わせ獲得はもちろん、求人エントリーなどにおいてもメールフォームにSSL(https)が導入されているかいないかで反応率が変化する可能性があることは否めません。SSLによってhttps通信されているホームページとhttpで通信されているホームページを比較した場合、常時SSL化され、httpsで通信されているホームページの方が検索順位においても優先されます。

SSLとは

SSLとは、サイト接続に関する暗号化通信でSSL(Secure Sockets Layer)。SSLを導入することで、ホームページ閲覧の通信を暗号化することができます。

常にホームページを暗号化通信する常時SSLを導入することにより、メールフォームなどの利用時の個人情報を保護することができるようになります。

httpホームページをhttpsホームページへと変更する場合、Let’s EncryptなどのSSL証明書を発行するだけでは完了しません。ホームページ内のURLをhttpsへと書き換えたり、httpへのアクセスをhttpsへと転送したりなどの実作業が必要になります。

Let’s Encrypt

Let’s Encryptとは、無料で発行することのできるSSL証明書です。以前はSSL証明書は有償のものしかありませんでしたが、Let’s Encryptを利用することで、SSL証明書発行・維持にかかる費用が必要なくなりました。

既存ホームページのSSL化・https化 設定代行

既存ホームページのSSL化・https化 設定代行について。

WordPressサイトのSSL化(https化)や静的HTMLページのSSL化(https化)の設定代行にかかる費用などを掲載しています。ホームページのSSL化(https化) の費用と依頼。既存ホームページをSSL化(https化) する際の依頼における費用など。

非SSL(http)ホームページのSSL化(https化)